ファイルのアップロードが出来ない時はupload_max_filesizeをチェック!

どもども、真嘉 朝慶です。

自分が運営しているサイトの一つに情報投稿コーナーを設けました。

写真付きで好きなコメントを書いて送ってもらうメールフォームなんですが

昔は馬鹿正直にメール添付で自分の所に届くようにしていました (/・ω・)/

若かったんだなぁ、あの頃は・・・(遠い目)

ファイルはサーバにアップロードさせといて、メールの内容だけこっちに来るように

すればいいんだよね。

しかもスマホが普及してきてるおかげで、スマホで撮った写真を

一度に4枚も添付してくれる人がいるので、そのデカさたるやタダものではない!

とてもじゃないけどメール添付じゃ効率悪いよね。

最近はVPSや柔軟性の高いコアサーバーを使っていたおかげで忘れてたけど、

フォームからファイルをアップロードさせるときは、必ずphp.iniの

「upload_max_filesize」をチェックしましょうね。

これはアップロードできるファイルの上限値で、大抵のレンタルサーバーは

低めに抑えられています。

(さくらとかロリポとかはデフォで2Mぐらいじゃなかたっけか)

あと、普通はフォームからPOSTで送信させると思うので、「post_max_size」も

忘れずにチェックしましょう。

これは1回のポストで送信できるデータのトータル上限値。

2Mの画像が4枚送られてくるのであれば8M以上に設定しないとエラーとなります。

「upload_max_filesize」も「post_max_size」もまぁ15M~20Mぐらいあればいいんじゃないでしょうかね。

ちなみに僕が古くから使ってるコアサーバー、「upload_max_filesize」も「post_max_size」も2048M=約2Gがデフォでした(笑)

どんなファイルを想定してるんじゃ~ (・∀・)

ではでは。

Written by 真嘉 朝慶(まか ちょうけい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする