乱数を表示せてミニロトを買ってみる Part4

どもども、真嘉朝慶です。

PHPのお告げに従って何度かミニロトを買いましたが、人生そんなに甘くない!
なかなか当たるもんじゃないです (´・ω・`;)

というかこの程度のスクリプトで1千万円ゲットできたら、世の中大富豪だらけだよね。

さてさて、日本人の長所でもある「改良=KAIRYO」を加えるべく、スクリプトとミニロトの当選数字とにらめっこすること5分…。(みじかっ)

ちょっとこの宝くじ公式のミニロト当選番号をご覧ください。

ミニロトって1~31までの数字から5個選択なのに、30と31って殆ど出てなくね? (ノ゚ο゚)ノ

ミニロトの1等の当選確率は約17万分の1と言われています。
それは、

31×30×29×28×27÷5!=16万9,911

だから。
でも30と31の2個を省いていいなら、29個から5個選択となるので、

29×28×27×26×25÷5!=11万8,755

となります!

おお~5万通りも減っちゃう!
一気に確率が高くなるぞい! ヾ(*’∀*)ノ

さっそくスクリプトを書き換えて。

さて今日も1発目に出た数字をそのまま買います!おりゃ!

4
23
9
11
24

なんかビミョ~な数字…(´-ω-)
まぁいいさ、お告げ通り買うと決めたのだから!

そんで火曜日なので実際に購入しましたよ~

マカラボ | https://macalab.net

さ~て、何等か当たるのか!

Written by 真嘉 朝慶(まか ちょうけい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする